事前に知っておきたいハワイのローカルルール

アロハ! 三井不動産リアルティ『海外資産コンシェルジュ』です。

郷に入っては郷に従えハワイで充実した日々を送るためには、ハワイの文化や常識は欠かせません。
ハワイで「こんなはずでは…💦」と、後悔しないために事前に知っておきたいハワイのローカルルールをご紹介します。

Local rules in Hawaii🌸
その1 チップ制度

サービス業で働く人たちの賃金は、チップをもらえることを前提
として低めに設定されているのが実情です。
ハワイでのチップの相場は約15%と言われています。
ただし、レストランで食事をする場合でも、昼食は10%、ディナーは20%
とそれぞれ異なります。
また、レシートの“Gratuity”や“Tip”の項目に、金額が記入されていたら要注意!
すでに支払金額にチップが含まれている可能性が高いので、確認が必要です。

 

その2 税金(2020年7月現在)
日本の消費税と同様に、ハワイのレストランで食事をしたり、お店で商品を購入する際には4.712%の州税がかかります。
また、ホテルの宿泊料には州税のほかに、10.25%の宿泊税が加算されます。

その3 飲酒
ハワイはアメリカの他の州と同様、21歳から飲酒を可能としています。
お酒を購入する時には身分証明書の提示が必須!
また、スーパーや酒屋では深夜から午前6時まではお酒を販売しておらず、
多くの人が訪れる公園やビーチなどの公共の場での飲酒は禁止されています。
日本では馴染みのないルールですので、ご注意ください。

A hui hou !
それでは、またお会いしましょう🌴

関連記事

  1. ハワイはジャングルだけど危なくない?

  2. ホノルルにあるマーケット

  3. ハワイ州・ホノルルの美しい海、波、太陽に「アロハ!」

  4. 新型コロナウイルス感染拡大予防の安全対策について

  5. ハワイ移住のおすすめのエリア

  6. あなたが知らない「ハワイが寒い」!?

ホノルル



ホノルル

ハワイ島

ロサンゼルス

ロンドン

クアラルンプール

マニラ/ケソン

バンコク